名水百選

養老の滝・菊水泉

養老の滝は、孝行息子の話で有名です。滝の水が酒に変わりそれを持ち帰り、老父に飲ませると見る見る若返ったといいます。菊水泉は約徒歩10分ほどの距離で両方の水は合流しますが、どちらの水を飲んだかは分かりません。
2021.10.26
名水百選

恵利原の水穴

天照大神が隠れ住んだという伝説がある神路山の逢坂峠にある洞窟から、水が湧き出ます。湧き出るこの水は、志摩用水として日量1万1000トン、志摩住民の生活飲料水の源となっています。
2021.10.26
名水百選

磯清水

松島、宮島と並ぶ日本三景の一つである天橋立。宮津湾に延びる全長3.6キロ、幅40~110㍍の白砂におおわれ、約8000本の黒松に囲まれた風景は、日本の渚百選にも選ばれています。この天橋立の中洲の中に井戸があり、 宮津湾と阿蘇海に囲まれいますが塩分を全く含まない真水がこんこんと湧き出します。
2021.10.26
スポンサーリンク
名水百選

伏見の御香水

平安時代に境内より香りのよい水が湧き出し、この水を飲むとたちまち病が治り、清和天皇から「御香宮」の名を賜りました。豊かな水からは、麩・豆腐・ゆば・酒などがあり、酒は「伏見の酒」と呼ばれ、伏見の一帯に沢山の酒蔵が幾つも立ち並びます。
2021.10.26
名水百選

離宮の水

ウィスキー工場もある京都と大阪の境の山崎地区の名水。後鳥羽上皇が造営した無水瀬離宮跡の境内にある井戸水は、古くから茶の湯にも使われてきました。現在は水無瀬神宮の境内に水場があり、名水を汲む人でにぎわっています。
2021.10.26
各地の風景

松本城

アルプスの壮大な連峰を背景に立つ国宝・松本城は木造天守は五重六階、現存で最古。見学できる黒色の天守の中は、戦いの姿がうかがえる数々の築城技術をみながら上へと進みます。天守からは四方に広がる風景を望むことができます。また、松本城のある松本市内は至る所に湧水があり、平成の名水百選「まつもと城下町湧水群」に選ばれました。
2021.10.29