各地の風景/「赤べこ」発祥の地
(アカベコハッショウノチ)

福島県河沼郡柳津町
地図へ


首をふる張子の「赤べこ」発祥の地です。

大同2年(西暦807年)に虚空蔵堂の建立にあたり、黙々と資材の運搬をしたたくましい赤牛がいたことで「赤べこ」の玩具が作られました。
福満空菩薩圓蔵寺(えんぞうじ)の境内には、撫牛(ナデウシ)や寅が境内にあり、撫でると無限のご利益があります

また福満空菩薩は、村松山日光寺(茨城県那珂郡東海村)、千光山清澄寺(千葉県安房郡天津小湊町)と共に、三大虚空蔵尊の一つとして深く信仰されています。

 

境内の大きな赤べこ

本堂

石段の風景

撫牛の由来


撫牛


 

 

各地の風景/
「赤べこ」発祥の地