日本の灯台50選/部埼灯台
(ヘサキトウダイ)

福岡県北九州市門司区
地図へ


 
有数な難所といわれる門司海峡の東の玄関口に立つ灯台です。

イギリス人技師R.H.ブラントンによって設計された石造りの様式灯台で、現存する灯台としては九州最古の灯台となります。
また、部埼灯台には潮流信号所(チョウリュウシンゴウショ)も併設されています。潮流信号所とは潮の流れなど激しい海峡などで、船に潮流の速さや流れなどを灯光や電波などを使って知らせる施設です。
 

点灯/明治5年1月22日
高さ/9.7m( 海面から灯火まで39m )