日本の世界遺産
古都京都の文化財
(コトキョウトノブンカザイ)
京都府・滋賀県





千年以上前から平安京として築かれ、都として栄えてき京都。
時を経てい幾度となく焼失や再建を繰り返しながら建造物は守られてきました。

国宝や重要文化財であるものも含め、17件が1993年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されました。


・賀茂別雷神社(上賀茂神社)
 (カモワケイカヅチジンジャ(カミガモジンジャ))
・賀茂御祖神社(下鴨神社)
 (カモミオヤジンジャ(シモガモジンジャ))
・教王護国寺(東寺)
(キョウオウゴコクジ(トウジ))
・清水寺(キヨミズデラ)
・延暦寺(エンリャクジ)
・醍醐寺(ダイゴジ)
・仁和寺(ニンナジ)
・平等院(ビョウドウイン)
・宇治上神社(ウジガミジンジャ) ・高山寺(コウザンジ)
・西芳寺(サイホウジ)
・天龍寺(テンリュウジ)
・鹿苑寺(金閣寺)(ロクオンジ(キンカクジ))
・慈照寺(銀閣寺)(ジショウジ(ギンカクジ))
・龍安寺(リョウアンジ)
・本願寺(ホンガンジ)
・二条城(ニジョウジョウ)